新しい風

2018.9.20(木)

“ロクサン”での試合。
1大会,雨天中止があり試合が減ってしまいましたが,ここまで4試合を戦い4敗。

 

9/2 vs.いそ山バッドボーイズさん 1-9 ●
9/2 vs.案内ジュニアさん 2-13 ●
9/17 vs.若林チャーフルズさん 0-11 ●
9/17 vs.七郷少年野球クラブさん 5-19 ●

 

あまりにも力の差が大きく,苦しい試合が続いています。
それでも,試合に参加する3年生が,チームに新しい「風」を吹かせてくれています。

 

 

 

 

3つも年上のお兄さんたちのボールが目の前を通って行く。

怖いよね。

 

 

下級生が,一生懸命ボールに喰らい付く姿。

6年生,間近で見ていて何を思う・・・

自然と,励ましの声が飛び交う。

 

 

目の前で,大きいお兄さんたちがバットを振る。

どんな打球が飛んで来るんだろう。速いんだろうなぁ。当たったら痛そう。

 

 

こんな広い所,どうやって守ればいいんだろう。

見たことのないような打球が頭上を越えて行く。誰に投げればいいのかなぁ。

心細いよね。

 

 

初めて塁に出た!

リードはどのくらいすればいいのかなぁ。走っていいのはどういうときかな。

初めてもらう牽制球。急いで戻らないと。ギリギリセーフ。

気が気じゃない様子でリード幅を教える6年生。その声が頼り。

 

初めて試合に出る3年生の一生懸命な姿を見て,6年生の心が動かされ,6年生の行動が変わりはじめています。「頼りにされる」という経験は,今後の役に立つことでしょう。

3年生の活躍を,自分のことのように喜ぶ姿。
キャッチボールに3年生を誘い,一緒に練習する姿。
6年生の,上級生らしい姿が随所に見られるようになってきました。

 

3年生にとっては,上級生に付いて行って参加する試合がその先の野球人生の原点になるかもしれない。
6年生には,楽しい思い出だけではない「何か」を,プレーや行動で,言葉で,下級生に教えてあげてほしいなと思います。

 

思い返せば4年前・・・

現在キャプテンを務めるユウトが初めて上級生の試合に帯同。守備で顔面に打球を喰らいながら懸命にプレーした試合を今でも鮮明に覚えています。もちろん虫捕りも・・・

その時,上級生はどんなことをしてくれたかな?
今,最高学年として,下級生にどんなことができているかな?
後輩たちは,あの時のユウトと同様,6年生の姿からしっかりと何かを感じ取っています。

 

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

Facebookページ

H28事務局長 Twitter

H30事務局長 Twitter

ジュニアコーチ Twitter

コーチ兼ブログ担当 Twitter

ブログランキング

メッセージフォーム

ブログに関するご意見ご感想
お気軽にお寄せください!