背番号7

2017.4.24(月)

背番号シリーズ とりあえず最終回・・・
バッジを持っていない選手は,練習して力をつけて必ず取ってください。

 

 

ラッキーセブンは リュウイチ

当初はレフトの予定でしたが,今はセンターに配置転換され,センターゴロやバックホームなどで矢のような送球を見せています。フライの判断も良くなってきました。
招待試合では先発登板で勝利を挙げ,“偽30番”采配時のキーマンになりそうな予感?秋のエース候補としても目処が立ちました。

 

 

 

低学年時からの持ち味である長打力に加え,今年は盗塁やスライディングに磨きをかけ,得点圏に進む場面が目立ちます。個人成績を見ても,チーム2番目の得点数を記録。5番打者で得点数が多いということは,下位打線を機能させている証でもあります。
吉成では,2年前はキセが,去年はマサトが着けた背番号7。与えられたポジションを堅実にこなす選手が継承してきました。今年の7番・リュウイチにも,先輩たちが持っていた「つなぐ意識」を求めたいと思います。努力の結果が表れている今こそ,この意識に立ち返り,力を発揮し続けてほしいと思っています。

 

余談ですが,管理人が中学校野球を引退する時に着けていた背番号が7番でした。
身長はチームで一番高かったのですが,長打力はなく,足も速いわけではなく,何か一つでも誰かにない部分を見つけないとと思って頑張って身に付けたのがバントと進塁打でした。三振は少ないほうでしたが打ってもどうせアウトだし,ただのアウトよりはランナーを進めたほうが役に立つかと,正直半分投げやりな感じもあったのですが,そうして活路を見出したバントや進塁打が次第に自分の武器になっていきました。意識としても試合に出るためという自分本位の考えから,チームが勝つために「後ろにつなげたい」という考えに変わっていきました。
7番を着ける選手には(だけではありませんが),自分のような中途半端な選手ではなく,武器といえるものを磨きつつ,つなぐ意識を持って成長してほしいな,と思っています。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

Facebookページ

H28事務局長 Twitter

H30事務局長 Twitter

ジュニアコーチ Twitter

コーチ兼ブログ担当 Twitter

ブログランキング

メッセージフォーム

ブログに関するご意見ご感想
お気軽にお寄せください!