7/20 仙台市学童野球大会(5決ラウンド準決勝:旭丘少年野球クラブ戦)

2015.7.31(金)

5位決定ラウンド。

管理人は昨年、シェルコムでの決勝戦後に行われた5位決定戦の球審を務め、5決の「熱さ」をフィールド上で感じました。その翌年に、吉成が5決に残るとは・・・!!

 

今年は七北田公園球場を会場に、5位決定ラウンドが行われました。
吉成は第2試合、旭丘少年野球クラブさんとの対戦となりました。試合巧者、流れが悪くなると立て直すのはなかなか厳しいものがあります。自分たちの野球をどこまでやり切れるか。

 

チーム名 1 2 3 4 5 6 7
旭丘 1 0 0 0 1 0 0 2
吉成 0 0 2 0 1 1 × 4

 

出場メンバー
1番(三) ジュンヤ
2番(捕) ユウガ
3番(一) ツクル
4番(投) コウセイ
5番(遊) ヒカル
6番(右) ジン
7番(二) アツオ → 途中(左) キセ
8番(左→二) ショウタ
9番(中) マサシ

 

初回、先頭の10番君に3塁打を浴びいきなりのピンチ。さらに四球とフィルダースチョイスで満塁に。
ピンチに強いピッチャーコウセイ、連続フライアウトでランナーを釘付けに。2アウト満塁となります。
ここで吉成守備陣が隙を見せてしまいます。無警戒だった3塁ランナーにホームスチールを許します。
意表を突かれ、本盗を決めたランナーにはあっぱれですが、油断してしまった吉成の完全なるミス。

こういうところで流れを作るのが上手い旭丘さん。
厳しい展開になると予想・・・ 旭丘さんのペースで試合が進んでいきます。

試合が再び動いたのは3回裏でした。
7番アツオからの攻撃で3連続四球。ここで投手が交代します。
ノーアウト満塁で、ヒットの倍近くフォアボールを稼いでいる1番ジュンヤを迎えます。
非常に落ち着いていましたね。フォアボールを選び押し出しで1点を返します。さらに2番ユウガのスクイズで勝ち越しに成功。

勝ち越したものの、いまひとつ流れに乗れません。
5回に、守備の消極的なプレーがミスにつながり、再び同点に。

下位打線がフォアボールでチャンスを作りますが、勢いづける攻撃とまでは行かず・・・
5回裏に再び勝ち越しますが、薄氷1点差で終盤戦へ。

6回の守備も不安定で、失点にこそならなかったものの「守り勝つ野球」とは程遠い内容。
その直後の攻撃、3連休3連投で4番の重責も担うコウセイが3ベースヒット!
ホームに生還し、2点リードで最終回へ。
代打攻勢でしたが、ここでも守備の乱れでピンチを背負います。最後まで流れはありませんでしたが・・・
何とか後続を断ち切り、試合終了となりました。

 

旭丘さん、対戦ありがとうございました。

 

28番は、試合中ずっともどかしい気持ちでベンチから戦況を見ていました。
ミスに乗じて攻めて行かなければならないところで中途半端な攻撃、逆に相手を助けるような守備。
これで大丈夫なのだろうか・・・?

 

30分のインターバルで気持ちを切り替え、、、
5位決定戦は、新人時代に複数回対戦し負けている川平さんとの対戦。最後の一戦に挑みます。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

Facebookページ

H28事務局長 Twitter

H30事務局長 Twitter

ジュニアコーチ Twitter

コーチ兼ブログ担当 Twitter

ブログランキング

メッセージフォーム

ブログに関するご意見ご感想
お気軽にお寄せください!