6/22 桜ケ丘キラーズ大会(その2:1球の怖さを痛感…)

2014.6.23(月)

リンク戦2勝につき、宮城方式での優勝決定戦に臨むことになった吉成。

 

宮城方式(略称:ミヤホー)では、1アウト満塁から攻撃が始まります。3会場に分かれて行われた大会でしたが、全ての会場で優勝決定戦が行われたとのことです。
隣の桜ケ丘小学校でも、大盛り上がりの宮城方式が行われていましたね。
国見リトルベアーズさんと中山とびの子さんが優勝決定戦を行っていました。これも偶然か、両チームとも吉成と隣り合っている学区で、先月には練習試合をさせていただきました。
ブロック優勝は国見さんでした。おめでとうございます!

 

 

こちら桜ケ丘中学校では、リンク戦すべてが終了したところでした。
吉成の対戦チームは川平ストロングパワーズさんに決定。公式戦では完敗を喫したチーム。一矢報いたいところです。

 

先攻となった吉成。1点でも多くとることが求められます。

3塁ランナーは5年生K君(#12)。2塁ランナーは4年生Y君(#21)、1塁ランナーは5年生M君(#14)。
そして1番バッターは6年生T君(#8)。

0点よりも1点。1点よりも2点、3点……

本塁はフォースプレーなので、リスクも高い攻撃でしたが、スクイズのサイン。
3人のランナーが一斉にスタートを切ります。

しかし… 気持ちが焦ったか、まさかの空振り。
3走はあえなく本塁前でタッチアウト。1・2塁間でランダウンプレー中に本塁を突いた2走もタッチアウト。

何もできず、3アウトとなってしまいます。

 

0点に抑えれば、次の回また1番から攻撃ができる。
それを信じて、気持ちを切り替えて守備へと散っていきます。

 

1回裏。6年生A君(#10)・S君(#1)のバッテリーでした。

その初球。低めに投じられたボールを捕手S君(#1)が止めにいきましたが…
3塁ベンチ前に転がり、無念のサヨナラ負け

 

何と、両チーム1球ずつで試合が終わってしまいました。

たった1球で、明暗はこんなにも分かれてしまう…
そのことを再認識させられた試合でした。

 

 

それでも、堂々のブロック準優勝です。

今シーズン3つ目のトロフィー獲得。

 

夏に向けて、練習してきたことがようやく形になり始めた吉成。

来週も土日とも試合になります。

何気ないプレーも、流れを変えるきっかけになること。
たった1球で試合が決してしまうこと。

それを教訓にして、また来週も頑張ろう!

 

 

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

Facebookページ

H28事務局長 Twitter

H30事務局長 Twitter

ジュニアコーチ Twitter

コーチ兼ブログ担当 Twitter

ブログランキング

メッセージフォーム

ブログに関するご意見ご感想
お気軽にお寄せください!