4/6 南光台リーグ(その1:試合は練習のように)

2014.4.7(月)

昨日、4年生以上のメンバーで南光台リーグに出場しました。
毎年ご招待いただきありがとうございます。

土曜日は実戦形式の練習の割合を高くし、新チームの「初陣」に備えました。
成果は出たのか!?

 

我がチームは南光台東小学校で行われた第1試合と第5試合に臨みました。

 

 

さっそく、第1試合から振り返っていきます。
宮城野区の鶴谷フェニックスさんとの対戦となりました。

練習してきたことをカタチにすることを目的に、第1試合スタートです!
試合は練習のように。さぁ行きましょう!

 

↑監督からメンバーが発表されます

 

*出場メンバー
1番(投→遊) 主将A君#10 1安打!
2番(遊→投) 副主将K君#1 1安打1打点!
3番(捕) 5年生H君#6 1安打と2四死球で全打席出塁!
4番(一) 5年生J君#7
 ※途中出場(一) 5年生T君#9 1打点!
5番(二→三) 5年生S君#3
6番(右) 5年生M君#11
 ※途中出場(右) 4年生Mさん#13 四球で出塁!
 ※代走 4年生N君#16 1盗塁!
 ※途中出場(右) 4年生K君#15
 ※途中出場(右) 4年生Mさん#14
7番(中) 5年生A君#4 四球で出塁!
 ※途中出場(中) 5年生T君#5 1安打1打点!
8番(左) 5年生K君#8
9番(三) 4年生K君#12
 ※途中出場(二) 4年生M君#17

 

チーム名 1 2 3 4 5 6 7
吉成 2 0 0 1 1 4
鶴谷 1 0 0 0 1 2

 

ポジションも打順も「試運転」の試合でした。
ベンチ入りメンバー全員が出場し、勝利を収めました!!

初回、フォアボールで出塁しヒットで返すという効果的な得点で先制。
しかし、走塁で隙を見せてしまい加点しきれません。
流れを引き寄せることができず、守備陣も序盤は浮き足立っていました。
練習で意識的に出していたはずの指示の声も出ていませんでした。
それでも、中盤以降は徐々に硬さがとれ、周りを見てプレーできている選手も多くいました。
「よーい、ドン」の時点から声を回し、全員でプレーできるようにしていきましょう。

 

↑途中からライトに入り、いざ初打席へ 4年生K君(#15)

 

初めてキッズ以外の試合に出場した選手もいました。写真の4年生K君(#15)もその一人です。
みんながカバーしてくれますので、自信を持って堂々と、そして元気よくプレーしてもらいたいです。

終盤に、途中出場の5年生T君#5のセンター前タイムリーヒットが飛び出し追加点。初ヒットおめでとう!!
さらにT君#9のキャッチャー前の当たりがフィルダースチョイスとなり加点。一塁の守備も安定感がありました。

 

↑4回から登板。2回2失点ながら要所を締め、今季初セーブ 副主将K君(#1)

 

毎回のようにピンチを招きましたが、最後は副主将K君#1が締め、逃げ切りました。

試合後、次の試合に向けて監督より「状況判断」について話がありました。
状況判断についてはセオリーはありますが正解はないと思います。

走塁で言えば、一瞬の躊躇(ちゅうちょ・ためらい)が原因でアウトになったケースがこの試合何度もありました。
この躊躇が、一点を争うゲームでは命取りになることもあります。
難しいですが、攻守ともに状況判断の確実性を上げていく必要がありますね。

鶴谷フェニックスさん、対戦ありがとうございました。

第5試合に続く…

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

Facebookページ

H28事務局長 Twitter

H30事務局長 Twitter

ジュニアコーチ Twitter

コーチ兼ブログ担当 Twitter

ブログランキング

メッセージフォーム

ブログに関するご意見ご感想
お気軽にお寄せください!