5/3 青葉区春季大会(準決勝:旭丘少年野球クラブ戦)

2019.5.11(土)

青葉区春季大会
ベスト4に進出し,広瀬球場に帰ってくることができました。

優勝常連チーム
旭丘少年野球クラブさんとの準決勝に臨みました。

 

出場メンバー
1番 (遊) ヒナタ
2番 (右) リク
3番 (捕) タケル
4番 (投) カナタ
5番 (一) セイジロウ
6番 (二) コハル
7番 (三) コウヘイ
8番 (左) キョウエイ
9番 (中) ハヤト

 

 

準決勝を迎えるにあたり,打順・守備位置を大きく変更。
招待試合でのテストを経て,公式戦の大一番で勝負をかけました。

 

 

 

先攻の吉成。

2番に変わったリクのヒットからチャンスを作り,3番タケルは相手のエラーで出塁。4番カナタの打席で相手バッテリーにミスが出て先制。さらにタイムリーヒットで2点目。

試合の入り,相手のミスを得点につなげて好スタートを切ります。

 

 

 

その裏。

リズムに乗って行きたいところでしたが,四球とボーク,盗塁で暗雲立ち込める展開に。

窮地を救ったのはセンター・ハヤトの守備でした。
2番打者の高いセンターフライを確実に掴むと,続く3番打者のフライもしっかり処理。 タッチアップを試みた走者を見てバックホームし,見事補殺!

 

 

 

初回からビッグプレーが飛び出すと,そこからは吉成の流れに。
3回カナタタイムリー,4回タケル(写真)とセイジロウがタイムリーと,「打」で加点していきます。

※6回 カナタの「幻の4安打目」・・・1塁ベースを空過し,ヒット取り消しに!!

 

 

 

 

旭丘さんの打線。
カナタの速球を打ち上げる場面が多く,新布陣で着実にアウトを取っていきます。

失策絡みで2点を失いますが,この試合はミスが連鎖せず,立て直せる雰囲気がありました。

 

 

 

 

 

旭丘さんの投手を攻略し,終わってみれば11安打を集めて6得点。新打順が機能し,上位打線,中軸,下位打線,どこからでも当たりが飛び出して効果的に加点することができました。

「第2の1・2番」として8番に起用されたキョウエイも2安打を記録。

 

 

 

決勝進出です。仙台市大会出場権も確実なものとなりました。
準決勝を勝利したのは何年振りでしょうか?

 

 

 

旭丘さん,対戦ありがとうございました。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

Facebookページ

令和元年 父母の会会長

今野ジュニアコーチ

コーチ兼ブログ担当

ブログランキング

メッセージフォーム

ブログに関するご意見ご感想
お気軽にお寄せください!