11/18 青葉区秋季新人大会

2019.1.4(金)

来春のシード権をかけた大会 青葉区秋季新人大会の結果をupします。

吉成は広瀬球場ブロックでのリンク戦に臨みました。
広瀬球場は,公式戦の会場としてもよく使用しており,来季の目標となる場所でもあります。
目や肌で広瀬球場の雰囲気を感じながら,来季を見据えての戦いに立ち向かいます。

 

試合結果です。

 

1試合目

バッテリー Pリク — Cキョウエイ

12四死球を得点につなげ,試合を優位に進めることができました。
初回の守備のミスで流れが相手に傾きかけましたが,すぐに取り返し,流れを作ることもできました。

 

 

 

 

 

2試合目

バッテリー Pカナタ — Cキョウエイ

 

 

公式戦初先発となった カナタ

期待を上回る快投を披露!
打者1巡目,3番から7連続を含む8奪三振。
速球で押し,バットに当てさせません。

 

 

 

 

 

序盤の得点機を逸し,試合は終盤へ。

4回,先頭のイッキュウが内野安打で出塁,盗塁→盗塁で3塁まで進みます。
次の4番ヒナタがスクイズを敢行,うまく転がしますが反則打球となりアウト。
続くキョウエイが改めてスクイズを行い成功。吉成に先制点が入ります。

5回にはリクもスクイズを成功させ,2点差とします。

最終回。この日のカナタには十分な点差でした。
終わってみれば12奪三振で完封勝利。

 

 

優勝決定戦(0アウト満塁)

バッテリー P カナタ — Cキョウエイ

 

 

吉成は先攻。
3塁にリク,2塁にヒナタ,1塁にハヤトと,快足トリオを塁に置き,打席にはキョウエイ。カウント1-1となった後の3球目,スクイズを決め先制(フィルダースチョイス)。
続くイッキュウもツーランスクイズを決め(バントヒット)3点目が入ります。

 

 

 

 

直前の試合でも打力が際立っていた八幡さん。
3点でも足りないかなぁという感じでしたが,吉成の守備も一つになり,八幡さんに立ち向かいました。

1番打者をピッチャーゴロに打ち取りまず1アウト。怖いバッターを退けましたが,続く2番打者には押し出し四球を与えます。キャッチャー・キョウエイがマウンドに行って間を取り,3番打者をキャッチャーフライ,そして4番打者をショートゴロに打ち取りました。

 

 

 

長い長い1日を勝利で締めくくり,来季の青葉区春季大会のシード権を獲得しました。

 

 

俺やで!

 

対戦いただきました角新さん・立町さん,川前さん,八幡さん ありがとうございました。

 

 

※特別延長※

 

また祝勝会できるように,冬の練習がんばろーね。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

Facebookページ

令和元年 父母の会会長

今野ジュニアコーチ

コーチ兼ブログ担当

ブログランキング

メッセージフォーム

ブログに関するご意見ご感想
お気軽にお寄せください!