7/8 仙台市学童野球大会(2回戦:八木山少年野球クラブ戦)

2017.7.12(水)

第1試合の勝者が同じ日の第3試合に進む日程となっており,1回戦終了後すぐに2回戦に向けて心身の状態を整える時間になりました。
2回戦は,前の週の招待試合で黒星を喫している八木山少年野球クラブさんとの対戦です。

 

 

 

5回80分制限の2回戦。 1巡目から仕掛けて先手をとりたいところ。

初回,1番ユウセイが内野安打で出塁すると,盗塁とバッテリーエラーで3塁へ進みます。
2番ゲンタ,プレッシャーのかかる場面でスクイズを決めることができずスリーバント三振。
続く3番シヅキがスクイズを決めて何とか1点を先制しました。

連戦の先発となったユウセイ,相手打線に外野まで打球を飛ばさせず,危なげない投球を続けていきます。

吉成もチャンスを作れぬまま終盤戦へ。
4回裏の守り。先頭を四球で出し,盗塁を許すと。続く4番バッターの弱い当たりへのアプローチが遅れて内野安打にしてしまいます。さらに5番にも四球を与えてノーアウト満塁の大ピンチ。6番初球スクイズ,本塁に送球せず一塁を選択し1アウトと置き換えに同点のホームを許します。7番バッターのスクイズを見破って3塁走者を飛び出させるも,キャッチャーユウトが3塁へ高投,2人生還させて勝ち越しを許してしまいます。気持ちが切れかかったユウセイでしたが後続を連続三振に仕留めて最終回の攻撃を迎えます。

5番コウノスケからの攻撃。タイミングが合っていませんでしたが,追い込まれてから何とかアジャストし,レフトへのヒット。続くハルトのサードゴロで,3塁が空いたのを見逃さず一気に3塁を陥れます。好走塁!
続く7番リュウシン,苦しい対応を迫られ見逃し三振。 2アウトとなりますが,8番テッショウが意地のタイムリーで1点差に!
盗塁も決め,同点のランナー・テッショウを2塁に置き,9番ユウト。守備の借りを返すため,覚悟を決めてバットを出すと,セカンドへの内野安打に。2塁ランナーテッショウ,3塁を回った所で一塁手の送球を見て急ブレーキ,3塁に引き返しますが判定アウト。

 

ゲームセット。

 

この幕切れ・・・ 悔やんでも悔やみきれません・・・

 

今大会も,1点差での敗退。
1つの負けに,1点以上の差を感じた春。
悔しさをバネに,1点を確実に積み重ねる野球に磨きをかけてきましたが,あと一歩及びませんでした。

 

野球の試合には流れがあり,駆け引きがありますので,勝敗を分けるプレーは当然あります。
決定力不足,技術不足,これは練習で補える。 責任を感じた人は,この悔しさを忘れずに努力してください。

私はそれ以外にまだクリアできていない課題があるように感じました。
流れを引き寄せるため,最善を尽くせたのか? やり切ったのか? 出し惜しみをすれば流れは来ない。

 

春,夏,結果としては1点差に泣いたわけですが,秋には1点差をひっくり返す力が備わったチームになれるよう,もう一度足元を見つめ直し,また立ち上がりましょう。

 

八木山さん,対戦ありがとうございました。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

Facebookページ

H28事務局長 Twitter

H30事務局長 Twitter

ジュニアコーチ Twitter

コーチ兼ブログ担当 Twitter

ブログランキング

メッセージフォーム

ブログに関するご意見ご感想
お気軽にお寄せください!