6/18 桜ヶ丘キラーズ大会

2017.6.19(月)

昨日,5・6年生は桜ヶ丘キラーズさん主催の招待試合に参加してきました。
今年もご招待ありがとうございました。

 

【1試合目】

バッテリー Pユウト — Cユウセイ

 

 

シヅキが午前中所用のため不在。代わって3番にコウノスケ,ショートにはリュウイチが入りました。
前日,牽制死が相次いだため,対策に時間をかけましたが,初回,四球で塁に出たユウセイゲンタが続けて1塁牽制タッグアウト。全く焦る場面ではありませんでしたが・・・
2回,5四死球で打者一巡しましたがノーヒットで勢いづくことはなく3者残塁。その後もバットから快音聞かれず。
5年生ユウトがこの日も登板し,序盤からヒットを許しながら粘りの投球を続けていましたが,立て続けて2つのボーク判定から心を乱し,終盤に向かうにつれて投球が不安定に。最終回は中軸に集中打を許し,最後は8番打者にタイムリーを打たれ,サヨナラ負けとなりました。

 

【2試合目】

バッテリー Pリュウイチユウセイ — Cユウト

 

 

自分のではないバットに思いを馳せるゲンタに,味方のハッスルプレーに心動かされ気迫のダイビングキャッチを見せたテッショウ。本当に愉快な集団です(笑)。

それはさておき戦況を。
初回,ノーアウト満塁のチャンスを作りますが,4番リュウイチの内野ゴロの間に1点を取ったのみ。どうも勢いが出ません。2回にはフルカウントから9番ユウトがセーフティースクイズを決めて2点目。素晴らしいバントでしたが,2塁が空いていた所までは突くことができませんでしたね。県大会などでは,こういう僅かな隙を突いてチャンスをモノにできるかどうかが勝敗を分けることになります。強いチームでも隙を見せる場面はあるはずですからそこを見逃さない「眼」を養いましょう。
久々の先発となったリュウイチ,安定した投球を披露し4回を1失点にまとめ,エースユウセイに最終回のマウンドを託します。先頭フォアボール,失点の悪夢がよぎりますが後続を断ち,1点差を制しました。

 

 

準優勝の可能性を持って最終戦の結果を待ちましたが,残念。 入賞はなりませんでした。

2試合通じて,ノーヒット・・・

慎重にいけばいくほど消極的になり,大事な場面で一振り,一歩が出ません。ここは早急に対応しましょう。
塁上はそれなりに賑わせましたが,一気に行こうという雰囲気にならなかったのは残念でした。

守備では,捕って終わり,ではいけなくて,「次のプレー」のイメージが非常に重要です。
目の前のことをしっかりやり切るのも重要ですが,そこから一歩進む必要がありそうです。
準備力がものを言います。磨きをかけていこう。

 

長命さん,鶴谷フェニックスさん,対戦ありがとうございました。

 

 

 

 

おはようございます。

キャプテン,靴下がそんなことになっていますよ。(笑)

 

 

 

 

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

Facebookページ

H28事務局長 Twitter

H30事務局長 Twitter

ジュニアコーチ Twitter

コーチ兼ブログ担当 Twitter

ブログランキング

メッセージフォーム

ブログに関するご意見ご感想
お気軽にお寄せください!