ブログ

2018.4.24(火)

春から故障者が相次いだ吉成。
練習中の怪我から実戦復帰したばかりのキョウエイ、故障が回復しこの日が投手復帰戦となったユウト、同じく内野手として復帰したヒナタが戦列に揃って臨んだ青葉区春季大会。

詳細は試合の記事を参照いただきたいと思いますが、故障から復帰したユウトが出塁し、足を使って3塁へ。味方の故障が相次ぐ間、急遽キャッチャーに回って奮闘していたリュウシンの執念の内野安打(記録は失策?)で先制した場面。一瞬でしたが、今シーズン初めて、チームが一つになれた瞬間だったかなと思います。

しかし、直後のイニングで、それまで投手復帰戦ながらゼロに抑える力投を見せていたユウトが崩れ・・・
一気に劣勢の展開となりました。

 

このまま終わるわけにはいかないと闘志を燃やして打席に立った選手がいました。

 

 

背番号8 トラノスケ

最高学年を迎えた今季、故障はしていませんが、試合での出番が限られる状況が続いていました。水野監督が最終回2アウトから代打に指名したのは、これまでの頑張りの成果を公式戦の場で発揮させたいという親心からだったと思います。今季ここまでヒットはなく、アウトになると春の公式戦の最後の打者になってしまいます。

 

 

 

 

2ストライクと追い込まれた後、真ん中付近に入った投球を捉え、見事センター前に運びました。今季初安打!

ベンチや応援席からこの日最大の拍手が沸いた瞬間でした。

 

 

 

苦しい展開ながら0-0で踏ん張ってきたところで1点をもぎ取り、直後の守りで6失点。ガックリと肩を落としたまま終わってもおかしくなかったゲームを最後に盛り立て、夏につながるイニングにしてくれたトラノスケに改めて拍手を送りたいと思います。
コーチャーとしても声を出し続け、何とか貢献するんだという気概も特筆すべき点。今のチームに必要な役割をきちんと果たしています。また、苦労や努力が報われる瞬間が訪れるはず。期待しましょう!

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2018.4.24(火)

スポ少春季大会にて。

吉成の試合が終わり、直後の試合の審判をしました。3塁塁審として出番を終え、グラウンドを後にしようとしたところ、グラウンド担当として試合会場に残っていた折立ジャガーズさんの4年生の選手が私に声を掛けてくれました。

「こんにちは。審判お疲れ様でした。」

私自身、試合に負け、審判としても表向きにはあまり分からない細かいミスがあり、引き揚げる足取りが重かったわけですが、その一言で一気に心が晴れました。

挨拶をしてくれた選手は、以前、審判講習会で折立小にお邪魔した時に一緒に昼ご飯を食べた選手で、私も顔を覚えていましたが、その際も言葉遣いが丁寧な子だなという印象でした。

他チームの大人、まして審判員に対して、進んで挨拶はできても、一言添えることはなかなかできないものです。
挨拶の後に一言添えることを「プラスワン挨拶」というのだそうですが、誰かが見ているからとかではなく自然にプラスワン挨拶を実践できることが素晴らしいですよね。保護者の方やチームの指導者の方の指導がきちんと行き届いている証拠です。日頃から礼儀正しいお子さんなのだと思います。大人の指導を素直に受け止められるのは立派だなと思います。きっと仲間からも好かれ、信頼され、野球の神様からも愛される選手ですね。

「プラスワン挨拶」 吉成の選手も是非実践してみましょう。風向きが変わるかもしれませんよ。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2018.4.24(火)

青葉区春季大会が開幕しました。

昨秋の新人大会でシード権を得ることができなかったため、吉成は1回戦からの出場。
対戦相手は東六ゴールデンファイターズさん。東六球団創設以来初対戦となりました。

 

 

この試合、昨シーズン52イニングを投げた主将ユウトがマウンドに帰ってきました。
投げたい気持ちを抑え、肩肘を休ませることに専念してきました。しばらくマウンドから遠ざかっていましたが、昨日の練習での状態を見てGOサインが出て、今季初登板の運びになりました。

 

 

 

試合結果

 

出場メンバー
1番(投)ユウト
2番(捕)リュウシン
3番(遊)ヒナタ
4番(三)キョウエイ
5番(一)アオイ
6番(二)イッキュウ → 途中(中)セイジロウ → 代打 トラノスケ
7番(左)アラタ
8番(右)タケル
9番(中)リク

 

 

ユウトとバッテリーを組むのは、4月の招待試合から捕手に定着したリュウシン
4番には、骨折から復帰のキョウエイが入りました。

 

今季初登板のユウト
毎回走者を出しますが、牽制球で2度アウトを取るなどピンチの場面ほど落ち着いていました。
緩急もうまく使い、スコアボードに4つ「ゼロ」を刻みます。

試合が動いたのは5回表 吉成の攻撃。
2アウトから、1番ユウトがデッドボールで出塁すると、立て続けに二盗、三盗に成功。
2死3塁から、2番リュウシンが打ち返した打球はセカンドへ。これが相手のエラーを誘い、待望の先制点が吉成に入ります。

相手投手を打ち崩せず、何とかもぎ取った1点でしたが、喜びは束の間・・・
5回裏 相手は1番からの攻撃。1アウトから2番打者にデッドボールを与えると、徐々にリズムが崩れ、警戒していた3番打者にヒット、4番デッドボール、5番ヒットと塁上がにぎわってきます。6番打者こそ三振に仕留めますが、7〜9番に3連打を浴び、この回一挙6失点。もう余力は残っていませんでした。追い込んでからの投球が甘く入ってしまいました。

最終回。
2アウトから代打トラノスケがセンター前ヒットを放ちますが後続倒れ、ゲームセットとなりました。

東六さんに創設以来初めて春季大会白星を献上する形になりました。対戦ありがとうございました。
2回戦も勝利し、初のベスト8という快挙。おめでとうございます。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2018.4.24(火)

 

 

仙台市スポ少春季交流大会 開幕しました。

海岸公園(蒲生)第1球場 第4試合が吉成の初戦となりました。
オープニングゲームを珍しく静かに観戦し、午後の試合に向けて少しずつ準備を進めます。

吉成が試合を行った時間帯だけ、暴風が吹き荒れ・・・

 

 

野手は砂塵対策としてサングラス着用で試合に臨みました。

 

試合結果

 

出場メンバー
1番(左)ユウト
2番(捕)リュウシン
3番(遊→三)ヒナタ
4番(二)アオイ
5番(投)リク
6番(三→遊)イッキュウ
7番(中)アラタ
8番(一)タケル
9番(右)セイジロウ

 

初回、2番打者のエース君に柵越えの一発を浴びるなど初回から攻められます。
吉成は先頭ユウトがデッドボールで出塁すると、ボークで2塁へ、ワイルドピッチで3塁へ進塁。振り逃げを試みた際の送球間に本塁を陥れ1点を返しますが、打線は6連続を含む8三振と全くバットに当たらず、その後は無得点。先発リク、12安打を浴びる苦しい投球となり毎回失点。打開策を見出せぬまま試合終了となりました。

1回戦も観戦していましたが、投手を中心とした守備力が安定している素晴らしいチームでした。完敗です。
インフィニティさん、対戦ありがとうございました。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2018.4.24(火)

今年も六郷エコーズさん主催の招待試合に参加させていただきました。
ご招待ありがとうございました。

スポ少春季大会を翌日に控え、トーナメントの緊張感を味わいながら、しかも翌日の試合会場になっている海岸公園球場で試合ができる貴重な機会となりました。

 

 

 

試合結果

バッテリー Pタケル — Cリュウシン
ヒット アオイ(3BH)、リク(2BH)、セイジロウ

前の週、完封勝利を収めた試合と同じバッテリーで臨みましたが、完敗・・・
7被安打、3四球、5死球と大荒れの内容で守備が長くなってしまいました。
4回にアオイの3塁打など3安打を集め3点を返しますが、その裏も死球、安打、四球、死球、安打、安打とアウトが取れず、時間切れとなりました。

 

新星クラブさん、対戦ありがとうございました。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2018.4.24(火)

今年も郡山チャレンジャーさん主催の招待試合に参加させていただきました。
ありがとうございました。

 

 

試合結果

バッテリー Pリク — Cタケル
ヒット リュウシン

敵失で先制したものの、そこから勢いづけない傾向になりつつある今年の吉成・・・
得点の直後の回、本塁打など打者一巡の猛攻を浴び、立て直せずに試合終了。

 

バッテリー Pタケル — Cリュウシン
ヒット アラタ(2BH)、リュウシン

前日の招待試合でも対戦させていただきました八本松さんとの再戦となりました。
リュウシンが初マスク。先発タケルが1安打に抑える快投で今季初勝利。完封のおまけつきでした。

 

 

 

この日、人数の揃わなかった立町さんに期限付きレンタル移籍し、1人1試合、立町さんの一員として出場。
何と2勝し、立町さんの優勝に貢献したようです・・・。

吉成の選手は、吉成の試合でもっと活躍してください。

 

 

 

茂庭台さん、八本松さん、対戦ありがとうございました。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2018.4.24(火)

今年もマイタウン選抜(金剛沢ヤングイーグルスさん・八木山少年野球クラブさん合同主催大会)にご招待いただきました。ありがとうございました。

 

 

 

試合結果

バッテリー Pリク — Cタケル
ヒット ヒナタアラタ

10四死球を得ましたが、走塁死・牽制死4回とちぐはぐな攻撃・・・
こういうミスが後々響いてきます。早急に改善しましょう。
先発リク、振り逃げで1人走者を出しましたが無安打ピッチングでした。

 

バッテリー Pリュウシンイッキュウ — Cタケル
ヒット ヒナタユウト

ヒナタのタイムリーヒットで幸先良く先制しますが、四死球とエラーから守備陣が崩れ、大量14失点。
4失策と守備も乱れ、野球になりませんでした。

 

八本松さん、南光台東さん、対戦ありがとうございました。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:


2018.4.17(火)

毎年4月に開催される南光台リーグに今年もご招待いただきました。
ありがとうございました。

 

 

 

試合結果

バッテリー Pリュウシン — Cタケル
ヒット エイノスケユウトヒナタ(2BH)

初回、本塁アウトが2度ありましたが、相手のミスにも助けられて1点を先制。
しかし直後の守りが乱れ、ランニングホームランを2本献上しすぐに逆転を許してしまいます。
その後、エイノスケが待望のヒット、打撃好調を維持するヒナタが2塁打を放つも、効果的な攻撃はできず。

 

バッテリー Pイッキュウ — Cタケル
ヒット リュウシンヒナタ

両軍合わせて13四死球、互いに守備が長くなる展開となりました。
吉成は今季初登板の4年生イッキュウ、上級生相手に気合の入った投球でした。
細かい制球、牽制、バント処理やベースカバー等々、数々の試練がありました。勉強になる2イニングだったのではないかなと思います。

 

 

 

課題は山積ですが・・・

まだまだ始まったばかり。

前を向いていこう!

 

 

 

いずみスカイヤーズさん、中田さん、対戦ありがとうございました。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2018.4.11(水)

「一日練習」

上級生は春の公式戦に向け、一日練習としていましたが、今回で一区切りとなります。

ジュニアは午後から半日練習でした。

 

 
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

Facebookページ

H28事務局長 Twitter

H30事務局長 Twitter

ジュニアコーチ Twitter

コーチ兼ブログ担当 Twitter

ブログランキング

メッセージフォーム

ブログに関するご意見ご感想
お気軽にお寄せください!