ブログ

2019.3.19(火)

先日行われた,春季強化試合 第2節の模様をお届けします。
太白区より八木山少年野球クラブさん,青葉区より折立ジャガーズさん,栗生スポーツ少年団さんを吉成小にお招きし,2面に分かれて試合をしました。

 

 

試合展開としては,3回裏,エラーと死球でランナーをため,1番ハヤト,2番ヒナタの連続タイムリー。さらに2アウトから5番キョウエイの2点タイムリー2ベースなどで一挙5得点。
直後の守備で先頭打者に四球を与え,スクイズで1点を返されますが,後続を断ちました。

 

 

2回の守備。
セカンド,ショート,センターの間に落ちるフライを3人で追い,セカンドのコハルが何とか捕球。声が出ておらず,とても危ないプレーでした。守備が終わった後に打球を追った選手を集めて確認。「フライを追う人は必ず声で合図」イージーな打球でも徹底してやっていきましょう。ミスとケガを未然に防ぐためです。

 

 

 

4回の守備。
スクイズで失点した直後,ショートライナーをタケルが地面ぎりぎりで好捕しチェンジ。盛り上がったシーンでした。みんな笑顔です。
この後,わずか4球であっさり攻撃終了し,三者凡退だったのが残念。 強いチームはこういったプレーから一気に畳み掛けることができます。乗って行こうぜ!

 

 

 

 

 

3番に昇格し,この試合は2本のタイムリーヒットを放ったタケル

打撃練習で,すくい上げるのではなくスムーズにバットを出すことを意識しています。センター方向にいい打球が飛ばせるようになり,この試合のタイムリーは2本ともセンター返し。その調子で!

 

 

 

1点ビハインドで迎えた最終回の攻撃
タケルのセンター前ヒットで2塁から一気に生還
ヒナタの好走塁で同点に追いつく!

5割を超える打率に,安定した三塁守備。
走塁面では,思い切り良くスタートを切っているのが印象的です。2塁からスピードを落とさず本塁を陥れました。判断力というよりも「勇気」が素晴らしい。

 

 

 

同点 2アウト3塁で バッターコハル

カウント3-2となり,ネクストのコウヘイが何だか落ち着きません。この試合途中出場でヒットを放っていますが,サヨナラのかかった場面を前にさすがに緊張したようです。たぶんそれ以上に緊張していたコハル,結果は四球で,その投球が暴投となり試合終了。回ってこなくて良かったと安堵の表情を浮かべるコウヘイ。非公式試合ですが,プレッシャーを経験できたことはプラスになりますね。

 

 

 

 

 

ヒナタが今季初先発。
フォアボールをきっかけに崩れ,1・2回ともに失点。 監督の期待に「一発快投」とはなりませんでした。

3回に登板したキョウエイも,先頭打者に対し追い込んでから死球を与え,今季4試合目の登板で初めての失点となってしまいました。

 

 

 

 

8点リードの展開で,4回からは新5年生コウヘイが今季初登板。監督からの急な指名に戸惑っていましたが,実はピッチャーがやりたいコウヘイ。
7番三振,8,9番ピッチャーゴロと,三者凡退に仕留め,この試合初めて無失点で守備を終えます。ピッチャーゴロも風格さえ感じさせるフィールディングでした。本番に強いタイプかも。
次のイニングも続投しますが,守備が大きく乱れ6失点。スタミナがついてくれば,新人戦で十分通用する可能性を感じます。またチャンスがありそうです。

 

 

八木山さん,折立さん,栗生さん,対戦いただきありがとうございました。

今週末は「強化試合第3節」が予定されています。
強化試合はそれで終わりで,翌週からは各種大会に参加することになります。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2019.3.13(水)

嬉しいお知らせです。

2016年度まで在籍し,中学校ではソフトボール部に所属しているメグが,2019年度のソフトボール宮城県選抜Aチームに選出されました。3月24日から愛媛県で行われる「第15回都道府県対抗全日本中学生女子ソフトボール大会」に主将・捕手として出場するとのことです。河北スポーツマガジン「Standard」3-4月号にも記事が掲載されています。

 

 

水野監督も記事を見て,メグの活躍を喜んでいました。

吉成の選手たちにとっても,身近に大舞台で活躍する先輩がいるというのはうれしいことです。県選抜での活躍を祈念しています。そして,これからも後輩たちにとって大きな目標であり続けてほしいと思います。時間ができたら,グラウンドに遊びに来てくださいね。報告待ってますので!(メグチチも,バッPマウンド空けて待ってますので!)

 

 

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2019.3.13(水)

卒業試合の翌日からは,毎週,練習試合が組まれています。
ブログでは「春季強化試合」と呼ぶことにします。
試合感覚を呼び戻すのがねらいではありません。強化がねらいです。
練習で取り組んだことを試合で活かすのは当たり前。その上を目指していくということです。

 

第1節は,山形市から山三小こまくさガンバローズさん,そして同じ青葉区の愛子スポーツ少年団さん,八幡小少年野球クラブさんを吉成小にお招きしての強化試合でした。おいでいただきありがとうございました。

 

 

 

主将タケルを中心に,円陣!

気合い十分です。

 

 

 

 

 

それでは試合の結果を。

 

 

 

 

 

3試合で31得点,59打数27安打でチーム打率は.458

中でも目立ったのはこの2人!

 

 

4番に座った カナタ

9打数6安打で,そのうち2塁打3本,ランニングホームラン1本と長打を連発!
飛距離が出るJ球で,外野の頭上をライナーで軽々超える当たりを放ちました。今年の打撃は本物の予感…!?

 

 

 

 

 

2番で起用された ハヤト

8打数7安打 打率は驚異の.875

足で稼いだヒット4本に加え,内野の間を破る鋭い当たりが3本,しっかりバットが振れています。チームNo.1の快足に打撃のシャープさが加わりました。

 

 

 

おまけにもう一人!

 

 

唯一の5年生 コウヘイ

3試合目の八幡戦の最終回
念願の初ヒットを記録!

塁上では表情一つ変えずでしたが
試合後に聞いたら「めちゃくちゃ嬉しかった!」

おめでとう!✨

 

 

 

守備ではこの人!

 

 

三塁手 ヒナタ

3試合通じてサードを守りました。
山形戦では難しいファウルフライを好捕。
ガンバローズの監督さんも褒めてくださいました。

弾み方の変わったJ球への対応も早く,安心して見ていられます。

 

 

 

 

 

左翼手 セイジロウ

八幡戦で,左中間のフライをランニングキャッチ!
満塁の大ピンチで見せたスーパープレイでした。

一冬越し,キャッチボールの精度が向上。監督も太鼓判を押しています。投げ方もスムーズでピッチャー練習に指名されるほどに急成長中。

長打をアウトにしてくれる野手がバックにいたら,ピッチャーは安心して打たせることができますね。

 

 

 

二塁手コハル・遊撃手リクの新二遊間に,レギュラー獲りを目指す右翼手アユム

新しい布陣もバタつきを感じさせることなく,声を掛け合いながらプレーできました。
特にコハルは投手事情で二遊間を組む相棒が変わるので大変ですが,物ともせず!

 

 

投手陣は4名が登板。

 

 

3試合とも先発で1イニング
無失点で切り抜けた キョウエイ

期待されながら,昨シーズンはわずか2試合の登板でした。今年もキャッチャー練習中心でしたが,ここに来て投手練習に指名され成長をアピール。久々の実戦登板でも,ストライクで勝負できました。
主将,4番の重圧から解放され,いよいよポテンシャルが花開くか!?

 

 

 

 

こちらも急成長中 タケル

昨年度も新人戦中心にマウンドを任されました。制球は安定していましたが球威がもう一つな部分がありました。一冬越え,見違えるように球威がUP。ベンチから,そして球審としても投球を見ましたが,ミットにずっしりと収まるのが分かります。

山形戦では中軸を危なげなく三者凡退に打ち取る好投を披露。今年も登板機会が多くなりそうです。

 

 

 

気づいたら,今回のブログには出場選手全員が登場!
課題はいろいろありますが,まずは幸先よく,強化試合をスタートさせることができたと言っていいでしょう。

 

次戦は17日(日),八木山少年野球クラブさん,折立ジャガーズさん,栗生スポーツ少年団さんをお招きしての第2節が行われます。現状,帯同選手(新5・6年)は10名で,体調不良等が命取りになります。体調管理を万全に!

 

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2019.3.13(水)

「6年生卒業試合」

ユウトアラタアオイトラノスケリュウシン
6年生5名は,卒業試合をもって小学部卒業となります。
栗生さん,立町さんをお招きし,学童野球最後の1日です。

 

 

 

 

 

 

動画もあります(吉田父母会長作成)→こちら

 

 

公式戦1勝,招待試合でも優勝は1回のみと,目立った成績は残せませんでした。

それでも…

いろんなチームに友達ができたのは,君たちの気の良さの賜物。
やればできることを証明した駅伝大会。
ロクサンで見せた後輩思いな一面。

 

 

 

最後に6年生から後輩たちにメッセージを書いたボールをプレゼント。最後まで後輩思いな5人。

 

持っている能力は高い。
野球に「夢中」になり,全力で相手に立ち向かう。そんな気迫がちょっと足りなかったかな。
能力を生かし切れず,大舞台を経験させてあげられなかったのは指導不足の極み。申し訳ない。

 

 

 

新しいステージで,野球を続けるも良し,新しい道を歩むも良し。
「無我夢中」で取り組み,進んだ道を極めてほしいと思います。

 

卒団おめでとう!

卒団生の未来に幸あれ。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2019.2.18(月)

土日の練習の様子をupします。

土曜日は体験のお友達が2人来てくれました。また遊びに来てね!

 

 

そして・・・

今年に入って何度か体験で練習に参加していた
新1年生ヒロムくんが入団決定!

スパイダーマンの帽子から
真新しい練習帽&練習着に変身!

カッコいいね♪

 

 

 

 

▼たまにジュニアからスタート

 

 

 

▼高学年は実戦を見据えて・・・

 

 

 

 

 

 

疲れた・・・(ふり)

 

 

 

 

 

 

 

新4年生は志願の外野フライノック!

フライを好捕した選手に声をかける布宮コーチ

新4年生8名,鍛え甲斐がありますね!!

 

 

 

 

 

 

現6年生は卒業試合まで
チーム練習は あと4回

自分たちのトレーニングを行いながら
後輩たちへのアドバイスもしてくれました。

 

 

 

 

 

28番愛用の BEN 赤いファーストミット
(子どもたちはこれを血便と呼ぶ・・・怒)

こうやって置くはずないのに
畑に突っ込んであった・・・怒怒

 

 

 

 

某6年生が一言

「肥やしにするんですか?」

 

馬糞じゃないし・・・(怒怒怒)

 

 

 

 

次の土日が2月最後の活動になります。
その次の週からは3月。いよいよ実戦が近づいてきます。

 

 

▼スポ中の練習の様子
(2代前の小学部キャプテン コタロー

 

 

わかりますか?
これを「練習」といいます。

目的を持って,真剣に練習に取り組む。
その成果が出ると野球が楽しくなってくる。
真剣に自分と向き合う中で苦しい場面もあるけれど,それを乗り越えた者だけに喜びを手にするチャンスが与えられる。

私はそう思います。

 

 

小学部に目を向けると・・・

昨年度と比べて,取り組み方が変わり始めた選手が何人かいますね。
それに追随するのは誰かな?

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2019.2.15(金)

ブログの審判関連記事のカテゴライズを少し変更してみました。
この「審判」カテゴリーも,どの程度ニーズがあるか分かりませんが,管理人の審判活動をできるだけチームのお父さんお母さん審判の方に還元したく,記事を書いております。

 

昨年度,私は公式戦・非公式試合合わせて88試合に審判として出場。この数をどうお感じになるかは読者の方にお任せしますが,個人的にはもっとグラウンドに立ちたかったなぁという感じです。
内訳は,球審40試合,1塁塁審14試合,2塁塁審19試合,3塁塁審5試合。そしてキッズ大会の主審を11試合担当しました。

 

昨年度の審判1試合目は3月,一般軟式の練習試合の1塁塁審でした。
最初の判定は内野ゴロの1塁での判定。タイミングはアウトでしたが野手が送球に対して体を伸ばした際にベースから足が離れたのを確認しました。「セーフ・オフ・ザ・バッグ」を宣告しました。

最後は12月,学童軟式の2塁塁審でした。
ラストジャッジではありませんでしたが,2塁上で2人の走者にアウトを宣告するプレイが発生しました。二三塁間でのランダウンプレイの末,一度はタッグを逃れて2塁に戻り切った走者が,打者走者が2塁を狙ってアウトになった拍子に2塁ベースから離れてしまい,再びタッグされてアウトになったプレイでした。審判を始めてから最も慌てたプレイだったかもしれません。10秒未満の間に「際どいセーフ」「普通のアウト」「滅多にないアウト」を宣告しました。審判講習会でもこういう判定をトレーニングしたことはありません。それでも全て自分の判定範囲で起きたことなので,全て自分の目・判断を信じ,判定しなければなりませんでした。

 

 

審判も,試合に乗っていくリズムがありまして,1塁審判ならば最初のプレイはいわゆる普通のアウトであってほしいのです・・・

もちろん際どいプレイにも備えてはいますが,昨シーズンの1試合目はそんな幕開けだったために最終回まで落ち着かず,普通のプレイも何だか普通に見えなかったのを覚えています。

 

 

 

 

自分の場合は,そんな突飛なプレイから始まることもある塁審よりも,球審のほうが落ち着いてできます。自分の「プレイ」の宣告から試合が始まるわけで,1球目は必ず投手が捕手に投げますから,何が起こるか読めない塁審よりも心の準備がしやすいと思います。
得点に絡む際どい判定も,グラウンド全体が見渡せるホームベースの後ろからフォーカスしていくので,備えがしやすいと感じています。

 

 

野球シーズンがすぐそこまで来ています。楽しみですね。
先週末,今年初めて審判服でグラウンドに立ちました。その時は審判講習会でしたが,早く試合でジャッジしたいという思いと同時に,自分自身だけではなく一緒にグラウンドに立つ仲間であるお父さんお母さん審判の方に少しでも審判の楽しさやコツを伝えていきたいと思っています。もし審判のことで不明な点や疑問点があればいつでもつかまえて聞いてくださいね。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2019.2.15(金)

今週末の活動予定です。

 

2/16(土)

午後練習
13:00〜 吉成小にて

 

2/17(日)

午前練習
9:00〜 吉成小にて

 

新1年生が継続して体験に参加してくれています。
記事をご覧の方で「迷っている」「興味がある」という方,ご一緒にいかがでしょうか?
お気軽にグラウンドに足をお運びくださいね。 お待ちしております!

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2019.2.15(金)

 

 

すっかり時間が経過してしまいましたが,昨年末,帰省の際に「NPB 12球団ジュニアトーナメント」の最終日の試合(準決勝・決勝)を観戦してきました。ご承知の通り,昨年の大会は牧野塁監督率いる楽天イーグルスジュニアが12年ぶりの優勝という結果で幕を閉じました。

 

4年前にも観戦をしましたが,その時とはまた違った感想を持ちました。
今回の感想を以下に記します。

 

■守備面(投手/野手)
4年前に観戦した際には,球速120km/h台連発の本格派投手が揃っていましたが,昨年末の大会は準決勝進出4チームとも,主戦投手の球速は110km/h前後でした(それでも十分,小学生にとってはスピードボールかと思いますが)。しかし,試合の後半や走者を背負った場面でも球速が落ちない。1試合平均しても,107〜112km/h程度をキープすることができます。100km/hを切るボールはありません。
球速が安定しているということは,体の使い方が安定しているということで,崩れる要素が少ないように思いました。

また,どのチームも継投策をとっていましたが,後から出てくる投手がしっかりと相手に傾きかけた流れを食い止める役割を果たしていました。継投のタイミングも「交代が早いのでは?」と感じるくらいでしたがピタリとハマり,指導者として非常に勉強になりました。

守備陣は,慣れないドーム球場,そして人工芝でのプレーとあって,いくつかミスが出ました。内野も外野もバッテリーも,そこはやはり小学生なのかなと思うところもありましたが,二度と同じようなミスはしません。修正能力の高さを感じました。修正できるのは技術的な分析ができる力も大切ですが,やはり一発勝負の大会においては気持ちの切り替えが上手にできていることが要因の一つだと思います。
光ったのは右翼手(ライト)の守備。内野手と同様の打球処理能力(捕ってから投げるまでの速さ,送球の正確さ)と, 外野手特有の視点(カバー,バックアップ)を兼ね備えており,隙が見当たりませんでした。

 

■攻撃面(打撃/走塁)
優勝した楽天ジュニアの打撃が群を抜いていました。4番を打っていたのは仙台市の選手です。
ヤクルトジュニアの選手が,札幌ドームのフェンスに2バウンドで当てました。70mのフェンスは軽々と越えていきました。やはり飛ばす力を持っている選手が得点源になりますね。
長打を打てることも魅力の一つですが,確実にヒットにできる(野手のいないところに打てる,野手が追いつけないところに打てる)ゾーンを理解していて,そこに来たら確実に捉える。そういう力が1〜9番まで高いレベルにあったように思います。強引な打ち方をしている選手は見当たりませんでした。投球されたコースに対応した打撃が光っていました。

打線のつながりで得点力UPを狙う,そういった野球をするチームがほとんどだったように見えましたが, 走塁面ではランナーコーチの役割が非常に重要だったように思います。外野に打球が飛ぶと,走者は背中側に打球がある状態で走る格好になることが多々あります。準決勝・決勝を見た限りは,積極性よりも「アウトにならない」ことを優先した指示をしているのかなぁと感じましたが,どのチームのベースコーチも大きなジェスチャーで指示を出していました。

そして,当たり前のことかもしれませんが,走塁の際,ほとんどの選手が1塁への駆け抜け,オーバーランを怠らずにしていました。一方で,イージーフライや併殺コースに飛んだ際の1塁への走塁が若干残念な選手が見られました。今年,改めて吉成の選手たちに厳しく意識づけしたい点だなぁと思いました。

 

 

改めて,楽天ジュニアの優勝おめでとうございました。
仙台市の選手にもチャンスは広がっていますので,こうした高いレベルで野球をやってみたいと考えている選手がいれば,是非参考にしてほしいと思います。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2019.2.12(火)

先日,仙台ヒルズホテルにて青葉区少年野球連盟 新年交流会が行われました。
吉成からは7名のスタッフが出席(半数が遅刻・・・ 申し訳ありませんでした)。

 

 

お酒が入る前に,毎年恒例の講演。
今年の講師は,WBSC女子野球W杯「侍JAPAN」背番号9 阿部希選手(小松島小ベースボールクラブ・青葉区レディース出身)。
青葉区で育った小学校時代から現在までの野球人生について,1時間ほどのお話をうかがいました。

男子の中で野球をすると決め,誰も歩んだことのない道を歩んだ中学時代のお話や,実力と人間性を評価されて日本代表として世界の舞台に立ち,大きなプレッシャーと戦った経験など,大変興味深い内容でした。

楽天ジュニア,仙台市選抜にとどまらず,日本代表にも選ばれ,その野球人生は華々しいものと我々は思うわけですが,険しい道を選んできたからこそ経験することとなった大きな挫折感。それを阿部選手は力に変え,次なる活躍や成長につなげて来られました。偉そうな言い方ですが,並の19歳ではないなぁと思いました。失敗や挫折を経験しながらも「挑戦して良かった」と思える前向きさや,周りの人への感謝や気配りを欠かさない豊かな人間性,自分を厳しい環境に置きながらも妥協せずに野球に向き合うストイックさなど,見習うべき点がたくさんありました。今後の大きな夢も語っていただきましたが,きっと阿部選手ならば夢を現実のものとし,さらに活躍の場を広げていかれることと思います。

 

 

会の最後に,青葉区レディースのスタッフを代表し,管理人が花束贈呈させていただきました。

青葉区レディースや,青葉区・仙台市の少年野球の歴史を築いてくれた卒業生の中に,こうして世界に羽ばたき活躍している選手がいること。ずっと私たちの目標であり続けてほしいと願ってやみません。そしていつの日か青葉区に戻り,後輩たちに野球の楽しさを伝えてもらえたら嬉しいですね。それまで「99番」温めておきますので!

 

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

2019.2.11(月祝)

いつも吉成野球 小学部ブログをご覧いただきありがとうございます。

先日,当ブログのアクセス数が100,000を突破しました。
始めた時には想像もできなかった数字です。

2014年3月にブログの運用を開始し,まもなく丸5年が経とうとしています。
活動の記録を中心に, これまで約1,000本の記事をupしてきました。

毎日チェックしてくださっている方もいらっしゃいますし,今では選手たちもこのブログの記事を読んでくれているようです。また,ブログを見て体験や見学に来てくださり,新入団に至ったケースも少なくないようです。吉成野球の「いま」を分かりやすく,そしてタイムリーに(なっていないときも多々ありますが)お伝えすることを心掛け,更新作業を行っています。管理人は上学年担当コーチでもあり,ベンチ入りする試合の写真・記録,帯同できない大会の写真・記録については保護者の方のご協力をいただきながら,全学年の活動を網羅したブログ運営が成り立っております。今後も多くの方に当ブログにお立ち寄りいただけるよう,内容の充実を図っていきたいと考えています。コメント欄やメッセージフォームでのコメントもお待ちしております。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ

Facebookページ

H28事務局長 Twitter

H30事務局長 Twitter

ジュニアコーチ Twitter

コーチ兼ブログ担当 Twitter

ブログランキング

メッセージフォーム

ブログに関するご意見ご感想
お気軽にお寄せください!