戦う気持ち

なかなか、スポ中の活動ができませんね。。

数週間、連続で休み・・・

 

さて、週末観戦した試合から

今回のテーマは「戦う気持ち」

 

まわりくどい言い方しても意味ないのでストレートに書きますが

 

大事な試合、大事な場面でエラーをしてしまい

それを引きづって、またも同じような消極的なエラーをしてしまう場面がありました

 

一つ目のエラーの後、明らかに血の気の引いた顔をしていましたね

 

まるで

「俺のところに、ボールが飛んでこなければいい」

という顔に見えました

 

野球って不思議なもので

野球の神様が試しているのか

そういう選手のとこに、ボールって飛ぶんですよね

嘘のようですが、ホントなんですよ

 

自分のとこに、打球が来なければいいって思うんじゃなくて

ボールって、自分のとこに呼ぶもんなんですよ

 

ピッチャーが苦しんでいるとき

自分のとこに打たせろ

絶対に守ってやるから

という強い気持ちで、ボールを呼ぶんです

 

 

そもそも

野球って、失敗するスポーツですから

一流打者の基準は3割と言われますが

つうことは7割は失敗しているってことですから

 

たかだかひとつエラーしたくらいで、誰かなんか文句言うか??

小さいころからずーーーーっとやってきた仲間だろ??

「ごめん! 次は絶対取るから!! 俺が打って返すから!!!」

でいいんだよ

失敗は取り戻せるんだよ

 

 

 

技術的なことなら、アドバイスもできるのですが、

メンタルの問題ですからね、本人がなんとかするしかないと思います

 

 

ただね 今回の件

何事もなかったように、自然消滅にしてほしくはないです

なぜ、あのような気持ちになったのか

どうあるべきだったのか

そうするために、これからどうしていかなくてはならないのか

しっかりと考えて、消化して、前に進んでいってほしいです

 

 

来年の本番で、クソガキ達が大喜びしている姿を楽しみにしています