バント その4

バントシリーズ、途中だったの忘れてました・・・・

 

ラストです、ラストにしましょう

 

今回は打席での位置です

 

たいていは、「バッターボックスの前(投手側)に立ってバントしろ!」

と言いますね

 

バッターボックスの前だと、フェアーゾーンの角度が広がるからですね

ホームベースの下部ポイントが270度とすると、

280~290度くらいあるんですかね??

だから、前でしろということですね

 

私は、後ろでします

その心は

・打つときの打席の位置を後ろにしているので、急に前に行くと

キャッチャーになにかサインでたとバレるからw

・ランナーがいて、盗塁をアシストするためには、打席の後ろに立つ必要が

あるわけで、サインのたびに位置を後ろに変えていたら、盗塁とバレるww

・後ろから走りながらセフティーをするから

(一塁到達は4秒切ります)

 

ここからがさらにポイント・・・・

・投手はバントの構えの向き(角度)で1塁側か3塁側かを見抜くわけですが、

打席の位置が後ろの方が、向き(角度)が浅くて投手からわかりにくい

・打席の前でラインぎりぎりのバントをすると角度的にファールになるが、

打席の後ろでやると、ファールゾーンから、フェアーゾーンになるバントが可能

(限りなく感覚ですが、野手は一瞬ファールと思ってコンマ数秒遅れる)

 

ということで、総合的にみると後ろの方がいいと思うんですけど、

まぁ、個人的見解なんでね。。。

 

ネットに、すごいセフティーの動画が転がっていたので参考に・・・

https://www.youtube.com/watch?v=OyulOqOdYT8

 

1塁到達、相当早いな。。。

今は太りすぎて・・・・