スポ中交流大会 その3

交流大会2試合目は、茂庭台さんと対戦!

 

勝てば文句なし優勝!!

負けても、失点が少なければ優勝!!!

 

南吉成&吉成キャッチャーがバッテリー組んで臨みました

 

初回、ライト線にタイムリーを打たれて先制を許します

直後、2アウト満塁まで攻め立てるも、得点ならず・・・

 

そこから、ずるずると、点を奪われ、、、、

大量失点での負けとなりました。。。

 

ちょっと気になったのは配球

相手が真っ直ぐにあっていないにも関わらず、不用意に変化球を投げて長打を打たれていました

 

配球は、投手中心、打者中心、状況中心のパターンの組み合わせで考えるものですが

投手の速球についていけない明らかに格下の打者にストレートでいいじゃんという

場面が度々ありましたね

 

とくに気になったのは、ランナーが1塁に出た直後の初球は、8割ぐらい変化球でした

盗塁阻止のためにストレート中心の配球になりがちな状況で

走る可能性の低い初球に変化球を投げておきたいという考えでしょうかね

 

流石にここまでワンパターンだとすぐに読まれますねww

それでも色々考えている意図は伝わりましたがね

 

結果は、失点差で第3位でした

 

 

 

ちなみに、敗因は。。。。

 

選手たち、第一試合と第二試合の間に、おっさんからドリアンの飴を食べさせれて

体調悪化、動きが悪くなったからですねwww

 

変な差し入れには注意しましょう(*^-^*)