最近の試合を見て その3

GWですね!!!

天気が良くてなりよりです、野球日和の日々

スポ中も早く活動したいですね~~

 

さて、今回の話題は

吉成の試合を見ていてのこと(小学校&中学校両方ね)

 

守備をしているときに、投手への声がけの中で

「低め、低め」

「高めはダメだぞ」

などと、ローボールの指示、声かけをよく耳にします

 

でね

 

攻撃のときの指示、声かけがね

「高め捨てろ」

「高めはきれ」

「低めねらっていけ」

と言ってます

 

矛盾しているの、わかりますかね?

 

守備で投手に低めに投げろということは、

「打者は高めが得意で、低めが苦手」

まぁ、高めが長打が出やすいってことですね

 

で 攻撃で打者に高めをすてて低めを狙えということは、

「打者が高めが苦手で、低めが得意」

高めのストレートに振り遅れるってことでしょうか

 

ん? 打者が得意なの、高め、低めどっちですか???

矛盾してますよ~~~

 

投手視点で見ても、高めのストレートがやはり、低めよりは早いボールが

いきますので、なんでもかんでも低めってのはどうかと思いますね

 

打者のスイング軌道をみて、この打者は低めが得意な構え、打ち方しているので、

高めで勝負ってこともあると思います。

 

イニング、点差によるところもありますね~~

 

そのときそのときで、何を重視するかによって変わるはずです

それを、一律、同じように言っちゃ、ダメですね

野球は、考えて頭でやるスポーツですから

 

ちなみに、私のベースの考えは、

投手は、高めのストレートで押せ

打者は、高めのストレートを長打狙え

ですww

だめだ、、、吉成とまったく逆(*^。^*)